一年間ご苦労さん 古竹を燃やす

(写真はクリックすると拡大します)
   

せっかく整備をするのだから、畑で竹を活かしたいーーそう願って畑のあちこちに竹を使っている。そして一年の終りに「竹さん、有難う」とみんな燃すのだ。炭や灰は翌春、トラクターで畑にすき込まれる。
手間はかかるけれど、草、枯葉、灰 ーー なんでも無駄無く役立てて利用した昔の人の知恵には敬服してしまう。 <はたけ番>
[PR]
by midori-net21 | 2005-12-20 18:19 | いろは塾 2004ー2009
<< 竹を焼きながら 堆肥場をつくる 降って湧いた飛び入り実習 大石... >>