収穫ナタネ選別作業のハイライトは飛び入り扇風器(動画)♪

d0035025_21412797.jpg
 7月24日(日)朝9時。お隣の町の農業体験の家に集合した農のいろは菜種班。
d0035025_20334963.jpg
 入母屋式の改造古民家は住まいは夏を旨とすべしの典型ですが、菜種の選別作業
はひどく散らかりますので、前庭にがさごそシートを広げて行いました。
 選別とは、収穫したナタネに混じったサヤのカスやらゴミやらを取り除く作業の
こと。唐箕(トウミ)という昔の優れた器械もありますが、種が細かいので団扇で
あおいだり、ふーふー吹いたり……。人の息や風の力を利用して行います。
d0035025_2034109.jpg
 この古民家には唐箕や足踏み脱穀機など昔の農機具が置いてあるのをはたけ番は
よく知っていました。が、一つ見落としていた重要な器械がこちらの扇風器。
「あった!」発見して躍り上がったのが、Kさん。幼少のみぎりにナタネ栽培をしていたお父上のお手伝いをしたことをうっすら覚えている方です。はい、その瞬間から地味な選別作業が華やかな(うるさい)イベントに変身しました♬ 
 此処をこの日の作業場に選んで良かった、大正解!
d0035025_20332470.jpg
 一人が扇風器を手回しし、もう一人がナタネの入った箕を傾けてゆっくり落とす。扇風器から送られるほどよい風がカスなどを吹き飛ばす。そういう単純な仕掛け。
 昔の人がどうやって働いていたのかを知るのは面白い。それにしてもエコですよ、全然電気を使いませんから。(注)この古民家に電気は通じています。奥の台所は、なんとI Hなんですよぉ(笑。



 この日の作業は(お掃除タイム込みで)予定通り1時間半ほど、お茶を飲んで解散となりました。Fさんからの差し入れの手作り"蕗のアンゼリカ"が大好評。ご馳走様でした♪ 記念の写真を下欄に載せておきます。



 
 〜 Fさんの "蕗と柚子のアンゼリカ" 〜

d0035025_1025067.jpg
d0035025_10251154.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2011-07-26 21:27 | こちら 菜種クラブです
<< 8月8日 八ヶ岳の日の心温ま... 台風一過 やつがたけ♬ >>