蛙の歌に田舎が輝く季節の日は長い♫

d0035025_1821466.jpg
 清々しい五月晴れが続いている。昨朝お田植えの準備をしている近くのおっちゃんに挨拶して、高速バス停に向かった。お、ここの集落でもあちこちで赤い農機が活躍中。気温は平年より低めだけれど、やっと農の季節の幕開けだ。夜に東京から戻り、バスを降りた途端カエルの歌声シャワーを浴びた。うわっ、やっぱこの季節の田舎はいいな。東京の濃厚な緑の中のおしゃべりもよかったけれど……。
d0035025_18215948.jpg
 快晴。年々カモミール畑に変身しつつある我が畑へ。お、毎年恒例の被写体発見! 馬鈴薯はまずまず順調だ。撮影後は隣人とおしゃべりしたり、黙々と草とりに励んだり。あ、遠くで郭公の声が。季節の歯車は確実に廻っている。
 近くのいろは畑のナタネについてはまたレポートします。では!
[PR]
by midori-net21 | 2011-05-19 18:47 | 農的生活・喜怒哀楽
<< 菜の花畑の隅っこでつぶやく・・... 八ヶ岳の里山で出会う早春の名残... >>