涙で綴る みんなのナタネ 失敗の顛末記・・・

d0035025_1882241.jpg
 失敗して初めて理解できる農の難しさ、なんて格好つける気はありません。
 去年播種後の発芽状況を見て不安になってはいたのですが、それが春の訪れと
 ともに目に見えてきて、最早否定できなくなったというわけです。

 前年に小さく試験的栽培をして問題がなかったのに、今回は現在に到るまで
 生育状況が非常に悪い。総会で話し合って得た結論としては、以下の通り。
  1)イベント形式での播種であり、やり方に個人差が大きかった
    発芽すらまばらの畝もあったのは、 覆土のし過ぎと思われる  
  2)年明けの厳しい寒さと極度の乾燥のため、今に到るまで生育状況が悪い
    丈が伸びず、まだ地面に近い苗のうちに蕾をつけたものも目立った。

 反省しきりである。上の画像を見て、「え? きれいな菜の花畑じゃないの」
 と思われる方もいらっしゃるでしょうが、これは、まさしく写真のマジック…。
 下欄をご覧くだされば、はたけ番の嘆きをご理解いただけると思います(涙)。





d0035025_1883925.jpg
  あー、惨めなり。
[PR]
by midori-net21 | 2011-04-30 18:24 | こちら 菜種クラブです
<< 五月晴れの朝の庭がきらきらと 春風吹けば 田んぼの水入れ... >>