唱歌「ふるさと♪」を歌う気持ちって?

d0035025_23124695.jpg

 いろいろな集まりに参加する度に感じること。最後に「さあ、みなさん一緒に」
 と歌われる曲が常に「ふるさと♪」なのは、なぜだろうと。だって、田舎の農地
 を荒らし続け、兎や小鮒はおろか若者が住むに耐えない場所にしたことで戦後の
 復興があったわけでしょう? 
 失った農地や山林の代わりにクルマや電化製品揃えて豊かさを享受してきたわ
 けですよね。
 
 それなのに、歌う時だけ涙浮かべてふるさとを賛美されてもなぁぁ、と。

 この「ふるさと切手」は、今年の3月の初めに買ったもの。
 三世代そろう農作業の光景をたまに見かけるとほっとします。じいちゃん、
 ばあちゃんにとって、田んぼや畑は心のよりどころ。それらをある日突然失っ
 た福島の方々のお気持ちを察すると、辛くてたまりません……。
[PR]
by midori-net21 | 2011-04-25 23:42 | 農的生活・喜怒哀楽
<< 薄桃色の春の嵐とレタスたち レタスが結球しはじめて…♫ >>