フランス 小さな街のノエルは静かに暮れていく 2.

      〜画像は、ブルジュのカテドラル。りんご姫さんによる撮影日は昨夜〜
d0035025_16211867.jpg
   私がフランス(パリとその近郊の街)に住んでいたのは1970年代前半
   で、すでに大昔のことだ。故郷日本は遥か彼方に想うもので、モノも情報
   もほとんど手に入らなかった時代(があったとは……)。
   貧乏学生にとっては旅行は贅沢だから、今回登場するブルジュへは行った
   ことがない。でも、どことなく懐かしさを覚えるのは何故だろう。夜のミ
   サ、街の静謐さなどの雰囲気がまったく変わっていないせいだろうか。
d0035025_1953218.jpg
   元来は「冬至の祭」とか「宗教行事なのに」とか指摘されても、クリス
   マスはすでに日本でも年中行事の一環としてしっかり根付いている。
   クリスマスマーケットやディナーとか、相変わらずモノやグルメは私たち
   の好奇心をかき立てる。

   でもね、明日26日にはせかせかと飾り付けを取っ払い、さっさと正月
   ムード一色に切り替える日本独特の風習って、なんだかな〜。
   クリスマスも正月も同じようなあしらいって? とブルーっぽくなった
   2010年わたしのクリスマス。それでも、やっぱりメリー クリスマス!

   そうだ、次は代官山をのぞいてみよう。この旅は終りそうにない(笑)。
[PR]
by midori-net21 | 2010-12-25 17:41 | はたけ番 お出かけの巻♬
<< 2010年クリスマスの旅 終着... フランス 小さな街のノエルは... >>