菜種雑感・ミレーの種をまく人 夕焼けに間引きする人

今夜の日曜美術館。奇跡のリンゴの木村秋則さんが語るミレーがいい。
大地を踏みしめて働く農民たちを、ありのままに描いたから好きなのだという。
最も好きなのは、「種をまく人」と。

 うん、あれはいいね! せっせと播いてるおにいさん。 
 あれはソバの種という説があるというが、それもいい。 

この土地に菜の花が咲く日を夢見ながら、間引きをしょぼしょぼ続けた。
晩鐘……。夕暮れの八ヶ岳に鐘はならないけれど、空には薔薇色の夕焼けが。
d0035025_20191356.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2010-11-14 20:35 | こちら 菜種クラブです
<< 八ヶ岳の風は吹くたびに歌う 枯... 菜種prj・その5 ナタネの... >>