甲州八ケ岳南麓 から 信州松本へ♫

5月の連休中に、信州松本から私たちを尋ねてきた方がいました。NPO法人「まつもと子ども留学基金」の植木理事長さんです。「軽トラでたった40分……。近いのでびっくりしました」とのこと。

早速(2008年の秋に仲間たちとワイワイ作った)いろは農機具小屋にご案内しました。→ 記事「念願の農機具小屋 10月に完成 

次に農道を上がって八ケ岳を望む畑へもお連れしました。

d0035025_13412238.jpg

こうして、ひょんなご縁で繋がった「まつもと子ども留学」さん。信州松本・四賀の地で、東日本大震災の被災地の子どもたちが安心して生活し、遊び、勉強する場所作りを目指して留学プロジェクトをスタートさせて、その一環として、子どもたちと一緒に野菜を作るのが念願だったそうです。「農のいろは塾」が閉塾した今、かつて参加者たちが使い、馴染んだ鍬や鎌や箕などの農具一式に、最良の受け入先が見つかったというわけで、双方ともにハッピー♪♪ 4月の終り頃に小屋の内部を整理し、農具を洗ったり磨いたりするうちに、重い肩の荷が降りて、気持が明るく軽くなったはたけ番でした

「まつもと子ども留学」の皆さんと子どもたちの発展を祈ります・・グッドラック♪♪

d0035025_21212482.jpg

d0035025_13411799.jpg
まつもと子ども留学公式HP

[PR]
# by midori-net21 | 2014-05-22 20:48 | ご挨拶 エトセトラ...

菜の花揺れる畑から、こんにちは!

 なが〜い、長〜いご無沙汰でした! はたけ番は、今春やっと畑までの道をゆっくり歩いて登れるようになりました。が、畑の入口に立って、びっくり……。いつ播いたのか覚えていない菜の花が満開だったのです! 「ウェルカム・バ〜ック」と微笑んでいる花々に感謝しながら、久しぶりに畑に立って見上げる八ケ岳とエールの交換をしてきましたよ^^

 さて、「農のいろは塾」がスタートしたのは10年前の4月18日のこと。やがて農の師は亡くなりましたが、近年この地に、意欲ある若手の農業者が増えてきたことは喜ばしく、すでに「塾」の時代は終わったのだなぁと次第に感じるようになり……、また3年前の原発事故による環境変化への不安、そして最近のはたけ番の病気による体力低下などを考えあわせて、今後「いろは畑」でのイベント運営は止めて、自分のペースで個人的に栽培しよう! と決めたばかりです。

 このブログも閉鎖となります。が、有終の美を飾るような記事を次回お届けしての完結になる予定です。なるべく早く更新しますので、楽しみにしていてくださいね♡


d0035025_1023263.jpg

[PR]
# by midori-net21 | 2014-05-04 10:34 | ご挨拶 エトセトラ...

やつがたけ ・・ 晩秋から冬へ

 気がつけば、秋・・じゃなくって、お〜! すでに冬の気配です。今年の田圃は、今までにない豊作だったし、畑に撒いたレンゲソウやナタネの種は順調に推移しているしで、来年は元気と希望をもらえる一年になるのでは、ふふふ(勝手に期待w)
 
 ぼやぼやしていると、ビッグな広告にブログを乗っ取られそうなので、今日は、八ヶ岳の近影をアップすることにしました。撮影日は11月22日夕方です。

d0035025_1943254.jpg

 古代米田圃の稲刈りと天日干し、脱穀、籾すりの記事はなるべく早くアップしようと思っています。今年は、余所の団体のブログを掛け持ちで担当しているので、万事のろのろしていてごめんなさい! では、またそのうちにね、がむばりますよ〜♪
[PR]
# by midori-net21 | 2012-11-25 19:49 | 季節と天気と生きものと

古代米田圃に 稲刈りの朝が来た♪

 晴れ上がりました。稲刈りとハサ掛け・天日干しの日ですから、こうでなきゃ困るわけ。過去も雨だったためしはないとはいえ、有難いことです。
 近場では、一週間ほど前から始まった稲刈り。高齢化が進行しているせいか、ウシを組み人力で干すのは私たちの可愛い田圃だけのようです。今回は備品がたくさん(竹6本、脚39本、ワラ)必要なので、今から近くの農家まで借りにいきます……。

 それでは、活動報告はまたそのうちに。じゃ、行って参りま〜す♪

d0035025_8572352.jpg
 (注)写真右側が私たちの稲。下の田圃の稲刈りは数日前に終了していました。
[PR]
# by midori-net21 | 2012-10-14 09:11 | いろは田圃の稲パワー!

シュタイナー理論による堆肥づくりに励んだ日から1ヶ月・・・

 夜長を活かしきれないと、秋の日はつれなく短いもの。寒露を過ぎ、朝晩の寒さが身にしみる今日この頃、ちょっぴりズクを出してお田圃記録を続けましょう、にこにこ(笑)。先月9月16日に行った「田圃の実習」がテーマです。
d0035025_15132111.jpg
 八ヶ岳周辺も実りの色に染まった頃のお話。黄金色の稲田、純白のソバ畑……と言っても、標高が低めの地域ではとうに稲刈りが始まったというのに、私が住む周辺では十月に入ってやっと稲刈りを終えた田圃が目立つ程度。ソバに至っては、台風17号の影響もあったのか、刈取りはこれからのようです。毎年のように余所の農地の様子が気になって仕方ない実り季節のとう〜ら〜い、到来!
d0035025_15143319.jpg
 上の画像は、やっと穂が垂れてきた頃の赤米です。今では、黒米、赤米、モチ米すべてがずっしり重そうにうつむいて、秋風に揺れています。(撮影 9月14日)
d0035025_15412792.jpg
 さて、この日のハイライトは、堆肥づくり・其の2。
 田圃の奥に広がる樹下のスペースが、陽射しや雨など諸条件の点で最適地とのことです。前回作ったプチぼた山をスコップやフォークを用いて崩し、移し替え、新しい刈草と前回の土を交互に重ねて水を撒き、踏み固め、堆く盛り上げます。今回はさらに効果を上げるために、バイオダイナミックスのプレパラート(カモミール、ノコギリソウ、イラクサなどの)6種の調剤を至極薄く注入しました。(注)ホメオパシー理論です。どこかで聞いたことがありますね……。
d0035025_15414146.jpg
 なんだか難しそうな理論(「農業講座」参照)ではありますが、えっさかほい! と身体を動かすのは単純で快適で愉快です。「帰宅したら、本を読んでくださいね〜」の掛け声が届いたかどうか……(笑)

 ☆そして、このまま放置。12月に天地返しをして春の訪れを待ちます。
                       わくわく〜♪
〜 堆肥について 〜
 私たちの「農のいろは塾」では、8年前に地元の古老に教えを請い、カヤで四方を囲む昔ながらの堆肥場を作り、その中に枯葉、切りワラを交互に積み、水と米ぬかをかけながら踏み固めて放置し、発酵させるやり方を習得しました。以来、毎冬12月初旬に仕込み、2月頃に天地返し、春に香しい堆肥に触れるのが年中行事でした。

 今回は四方の枠がないだけで、基本は同じこと。ただし、シュタイナーの理論は宇宙の力を根源とするものでスケールが大きくって凡庸な頭には実に難解! 高齢でも頭は柔らかかった我が農の師がこの場にいたら、案外面白がったかもしれないなぁ、と思ったりして。
  ☆参考記事 竹を燃しながら 堆肥をつくる(2005.12.20)
 
d0035025_1634845.jpg
関心ある方は、R シュタイナーの「農業講座」第5講をお読みください。すぐ眠くなりますが(笑)
d0035025_15415373.jpg
  ソバ畑から望む八ヶ岳。そろそろファームの方々が刈取りに来る頃です。収穫
  の後は畑の冬支度。秋は気忙しい♪ では、またの報告をお待ちください。


 
[PR]
# by midori-net21 | 2012-09-17 15:36 | いろは田圃の稲パワー!

まぶしい夕日を浴びながら畦をてくてく・・・

 夕方いつもの道で小さな犬とお散歩中の女性に出逢いました。しばらく立ち話するうちに、「あ〜、あの小さな田圃……。変わっているから何かの農法の実験しているのかと思っていて、ほほほ」と言われてしまった、ほほほ。
d0035025_213592.jpg
 今日の水見当番のSさんが畦の周りをゆっくり歩いて観察中でした。毎日人によって気づくことが違うのがなんとも面白いのですよ。全て手作業なので、それぞれの思い入れがあるのでしょう。
 水見の結果は翌朝メーリングリストで報告されます。楽しみ〜♪




 
 
 
[PR]
# by midori-net21 | 2012-09-05 21:21 | いろは田圃の稲パワー!

遅まきながら  今年のいろは田圃の報告です♪

 福島第一原発の苛酷事故が起こった昨年はお休みした田圃を再開しました。八ヶ岳を望む小さな田圃。そこで複数の参加者たちと一緒にバイオダイナミックス理論を学びながら、手作業によるコメづくりの全プロセスを体験することで、事故以来積もってきた疑問と悩みに直面することが出来るかもしれない……という「藁をもつかむ心細い思い」での再出発でした。
d0035025_18123896.jpg
 6月17日 畦塗り。
d0035025_18125726.jpg
 6月24日 お田植え直後。
d0035025_1813966.jpg

 4月初旬の「畝作り」でスタートして以来5ヶ月経過した今、やっと気持の余裕ができたようです。「地域でのご縁で農の末席に連なる」ことへの悩みは全然小さくなりませんが、思うこと、感じることを綴っていこうと、一歩前に出る気持になれたことはたしかだから。
 秋の稲刈り、脱穀、籾すりまでの記録を写真を中心に報告していきますので、よろしくお願いします。

[PR]
# by midori-net21 | 2012-09-02 18:14 | いろは田圃の稲パワー!